GENTEMSTICK JAPAN

<< THE WALL 奥只見 | main | THE SURF SHOP >>
09-10-11GENTEMSTICK COLLECTION CAMP レポート まとめ

今季、試乗会スタイルを変えより多くの皆様へGENTEMSTICKの魅力を伝えるべく、日本各地を飛び回るシーズンとなりました。ライダー陣、地元ディーラー様のご協力を得、すべての試乗会を無事終え、たくさんの方々へGENTEMの魅力をお伝えできたと実感できたツアーでした。
参加していただいた皆さんをはじめ、ご協力いただいたスキー場の皆様、ディーラーの皆様、ボランティアスタッフの皆様、、、、多くの方々に支えられ、大成功を収められました。
この場を借りて、GENTEMSTICK一同、厚く御礼申し上げます。
振り返れば、どこの試乗会場も雪に恵まれ、ライダーセッションも大成功を収め、GENTEM史上最高の試乗会ツアーとなりました。たくさんの人との出会いと、素晴らしい冬をすごさせてもらったことを感謝しつつ、レポートさせていただきます。


■現行モデル試乗会■


今年は、初の試みとして、現行09-10モデルの試乗ボード1セットで、西日本から試乗会をスタートしました。

氷ノ山スキー場
1月 9日(土) 参加者 38名
1月10日(日) 参加者 34名

奥大山スキー場
1月15日(金) 参加者 28名
1月16日(土) 参加者 39名

OSORAKAN国設スキー場
1月22日(金) 参加者 34名
1月23日(土) 参加者 41名

グランデコスキー場
1月30日(土) 参加者 43名
1月31日(日) 参加者 28名

キロロスキー場
2月 6日(土) 参加者 22名
2月 7日(日) 参加者 43名

下倉スキー場
2月10日(水) 参加者 24名
2月11日(木) 参加者 41名

Asaahi自然観スノーパーク
2月14日(日) 参加者 34名

富良野スキー場
2月20日(土) 参加者 27名
2月21日(日) 参加者 52名

流葉スキー場
2月26日(土) 雨天のため中止となりましたが、参加者 6名
2月27日(日) 参加者 45名


以上の現行モデル試乗会は、初めてGENTEMSTICKに乗ってみようという方をメインターゲットとするイベントですので、参加の皆様にはじっくりと試乗していただく事が重要と考えておりました。アットホームでゆっくりと試乗していただいた1月、2月の試乗会は目的を達成できたと考えております。


■ニューモデル試乗会■

3月からは、皆様お待ちかねの10-11NEWモデル試乗会のスタートとなりました。
例年、多くの参加者で賑わうGENTEMSTICK最大のイベントですが、今年は、更に5本のニューモデルが登場。
GENTEMSTICK
TARO TAMAI SNOW SURF DESIGN に加え、
THE SNOW SURF 
という新しいブランドが加わり、参加者の熱もうなぎ上りとなりました。

やはり、注目の新ブランドとNEWラインナップに試乗をご希望の参加者が多いのがニューモデルの試乗会ならでは。

また、patagonia試着会
ブースの人気も上々。おかげ様で、とてもにぎやかな試乗会となりました。また、八方尾根会場では、私たちのヨーロッパの友人でもあるTANKER(RADAIR)ブランドが参加するという初めての試みもありました。今後の新規参加希望ブランド増を期待!



GENTEMSTICK 
 TT160 TT168 TRINITY がラインナップに加わりました。

 

TARO TAMAI SNOW SURF DESIGN 



THE SNOW SURF 




白馬八方尾根スキー場 咲花ゲレンデ(ディーラー様向け:要予約)
A&Fテント展示会
3月4日(木)  参加者  37名
3月3日(水)  参加者  44名
3月5日(金)  参加者  45名


白馬八方尾根スキー場 名木山ゲレンデ
patagonia試着会
  RAD AIR試乗会同時開催 
3月6日(土)  参加者  86名
3月7日(日)  参加者  92名


ニセコ花園スキー場
GENTEM Dream BOWL session / patagonia試着会 / SEV体験会 同時開催
3月13日(土) 参加者  23名 (強風のためリフト運休) 
3月14日(日) 参加者  86名
BOWL参加者 112名


高鷲スノーパーク
イベント名: 「Natural Reaction Laboratory3」
主   催: SIDECAR
イベント参加者は1日、300名を超えていたようです!
下記参加者は、GENTEMのブースにご参加いただいたお客さま数です。
3月20日(土) 参加者58名
3月21日(日) 参加者62名  


丸沼高原スキー場
patagonia試着会 同時開催
3月27日(土) 参加者134名
3月28日(日) 参加者129名


奥只見丸山スキー場
イベント名: 「THE WALL 2010」
4月 9日(金) 参加者24名
4月10日(土)  参加者32名 
4月11日(日)  参加者36名


09-10MODEL試乗会 参加者合計 579名
10-11MODEL試乗会 参加者合計 1000名

試乗会 参加者合計 1579名

こうして人数を集計すると、本当に多くの皆さんに、試乗していただいたと実感いたします。
お越しいただいたみなさま、本当にありがとうございました!

GENTEMSTICK
は乗ってみる事によってその違いがわかります。
他のボードには無いライディング感覚は言葉では伝えきれない乗り心地です!
試乗会に参加していただいた皆様は、お気に入りの1本を、見つけていただけたでしょうか?
まだまだ悩む。。。という方は、全国のGENTEM正規ディーラーへいき、プロショップならではのアドバイスを受けていただければ悩みも解決すると思います!
ボード選びの際は、どんなスタイルで滑りたいのか?どこを滑りたいのか?
を考えて、あなたにぴったりの一本を見つけてもらえるとうれしいです。
GENTEM
はそれぞれに特徴があって、どれを選んでも長く付き合えます。
そのときのコンディションで、サーフボードと同じように乗り換えるという楽しみ方も提案しています。
たくさんのボードを買い揃えなくても、1本を長く乗っても楽しいし、または、滑る場所に応じて板をチョイスできるのも幸せです。

今後のボード選びの参考になればと思い、ニューモデルの解説や、GENTEMのシステムなど、簡単にご紹介します!
ぜひ参考にしてみてください!


GENTEMSTICK


TT160
 (ニューモデル)
TT165のフルモデルチェンジといったイメージで打ち出したボードです。
これまで、足の大きい方は、TT165ではドラグしてしまうという弱点を克服。
短く、太くすることで、さらなる回転性と高速での安定感、走破性がupしています。

TT168
 (ニューモデル)
これもまた、TT165から派生したBIGなTT。
TT160と同じく、足の大きい方への弱点を克服。
長さと、粘りのある心材で、大柄な方にもお勧めできるTTとなっています!

TRINITY (ニューモデル)
女子の待望の1本ではないでしょうか?ライダーsheesaこと桑原知美もこの
TRINITYに大満足。完成までには、長年の経験をもってしても、試行錯誤を
繰り返し、名前のとおり三位一体なるTRINITYができるまで幾度ものテスト
を繰り返しました。
短すぎず、長すぎない1560mm。壁へ垂直にあがっていき、テールの返しや、
抜けが抜群。女子の脚力で踏めるトーションを作り上げ、しかし決して弱くない。
さらにアクセルキャンバーでターンするたびに加速する感覚はたまりません。
浮力もあり、操作性にすぐれ、ゲレンデでも活躍すること間違いなしです。
デザインも評判で、女子だけでなく、ウェイトの軽い男子も選べる一本です。




THE SNOW SURF(新ブランド) 

SPOONFISH
 
SPOONFISHはショートボードサーファー、プールスケーターにとって雪上の
革命児なのです。一度当て込む事が出来る壁に3回の違ったアプローチが
かけられます。あまりのクイックな動きに驚きの声が上がるほどです。体感
スピードは強力で、しかも、取り回しが非常に簡単です。今までのゲレンデ
が一回り大きく見え、なおかつ細かなセクションが至る所に出現します。
体力の続く限り一日中あなたを引っ張り続ける事でしょう!しかもこのボード
の魅力はそれだけではありません。サーファー、スケーターにとどまらず、
男女、kids、大柄、小柄、パウダー初エントリー者から上級者まで、誰彼構わず
最高の遊び相手になってくれる事にあります。アクセルキャンバーの効きも
最高で、リアルなオーリーで空中へと飛び出し、しなやかなボトムターンと鋭い
切り返しでリップをグラインドします。

PHENOMENA
五明淳モデルのPHENOMENAはフラットキャンバーの超ショートボードです。
開発コンセプトは、狭い地形やタイトなツリー、急斜面でも思いのまま。
老若男女誰でもが簡単に楽しめるボード作りと言う、わがままな条件を満たす
新しいボードでした。幅が広く浮力も十分に備えながら、急斜面にも対応する
テーパーとテールキック。BOWLなどでもハイパフォーマンスを見せてくれる懐の
深さもこのボードの魅力です。丸く大きなノーズはスイングウエイトの軽減にも
貢献しながら、誰でもが取り扱いやすい優しいイメージを醸し出します。
ボトムデザインはリカバリー能力に優れ安心してチャレンジができます。
フラットキャンバー初心者や、女子にも乗りやすく、そして上級者になればなるほど
使いこなす幅が広がるボードです。
ボトムグラフィックは五明淳のこだわりのグラフィック。“芽を育てる”というメッセージが。
スノーボードの楽しさを育みたいという五明淳らしいデザイン。



ここからは、キャンバー別に解説していきます!


■フラットキャンバー(コンティニュアスロッカー)

GENTEMSTICK・・・TT160TT165TT168GTSLASHER

THE SNOW SURF・・・PHENOMENA

今季はTT160、TT168とPHENOMENAが新たにフラットキャンバーのラインナップに加わりました。
TTをはじめとするフラットキャンバーシリーズはどの試乗会場でも人気があります。GENTEMSTICKの乗り心地に代表される独自のソールデザインです。
長年フラットキャンバーをデザインし続け、GENTEMSTICKならではの他のボードでは味わえない滑り出しの速さ、ターンのスムースさが、ノーズロッカー、フラットロッカー、テールロッカーへと続くコンティニュアスロッカーラインから生み出されます。キャンバーが無いだけのボードとは大きな違いなのです。
TT165(classic)の誕生から、今年でなんと20年を迎えました。TTmodelは多少の仕様変更を経ながら世界で最も長く作り続けられているボードで、それは即ち多くのファンの皆さまに支えられている証だと私たちは考えています。誕生から20年の間には長さやアウトライン違いの兄弟モデル達が生まれてきましたが、どのモデルたちもロングセラーを続けている最高のボードラインナップです。


■アクセルキャンバー

GENTEMSTICK・・・TRINITYZEPHYRMAGIC38SPEEDMASTER
            FLOATERBIGFROATER

TTSS・・・ROCKETFISH、BIGFISH、SUPERFISH

THE SNOW SURF・・・SPOONFISH

ニューモデルのTRINITYとSPOONFISHはアクセルキャンバーを採用しました。
高速での安定感、長さにとらわれない操作性と、パウダーでの浮力、ゲレンデでのカービング、、、とどこをとっても劣らない滑走性能が初めて乗った人に驚きを与えます。
アクセルキャンバーシステムは、GENTEMSTICKが誇る独自のボトムシステム。
最近大手メーカーでも、類似するデザインが多数でてきていますが、私たちには既に10年以上のアドバンテージがあり、自信を持ってお薦めする玉井太朗会心のデザインです。
もちろん、アウトラインとボトムラインのバランスが重要なことはいうまでもありませんが、ターンの後半に「伸び」「加速」を感じるのは、このアクセルキャンバーの賜物です。


■ショートキャンバー

GENTEMSTICK・・・IMPOSSIBLEMAXFORCEINFINITYMOMENTUM
            MANTARAYBABYMANTARAY
            INDEPENDENTSTICKPOOLDECEK

TTSS・・・GIANTMANTARAY

ビッグマウンテンシリーズのIMPOSSIBLEも1860mmという長さからは驚くほどキレる回転性の高いボードです。しなりと伸びを感じずにはいられないでしょう。IMPOSSIBLEのもつポテンシャルは、乗れば乗るほど体感します。ロングターンだけではなく、ショートターンの切れのよさ、テーパーの少ないフレーム構造とショートキャンバーは超急斜面の風に叩かれた斜面でも安定したエッジングを確保します。

フリーラードシリーズはショートキャンバーと、ソールデザイン、不等厚の組み合わせによって、高い走破性と安定感を生みだします。MAXFORCE、MOMENTUMはどんな斜面にも対応する対応能力は絶大の信頼感。適度な硬さと粘りを共有し、SXライダーが好んで選んでいます。白馬のような、切り立った斜面や、硬いバーンに対応するのは、アラスカでの長年にわたるテストがそのまま証明しています。フリーライドシリーズには「信頼」を感じる事が出来るのです。
INFINIYは、走破性に加え、テールのしなやかさをもたせてもっと遊び心をもったボードといえます。吸い付くように壁に上っていける柔軟性があります。セッバックせずにパウダーのすべり心地も抜群なのは、このソールデザインの賜物です。

MANTARAYも驚愕の乗り心地とインパクトをみなさんに与えています。
わずか1mmというショートキャンバーを備え、あらゆる地形に合わせたラインを描きたくなり、うねりのある斜面が楽しくなります。スケーターにもサーファーにも乗り心地を体感してもらいたいGENTEMSTICKのベストセラーの代表的モデルです。ノーズ幅に浮力を持たせ、パウダーライディングはもちろんですが、しっかりとしたサイドカーブから、切れのよいカービングと同時にスムースなドリフトターンが特徴的です。山でもゲレンデでも活躍します。
BABY MANTARAYは3.5mmキャンバーと、やわらかめのトーション、テールの短さから取り回しがよく、浮力も抜群なので、ウェイトの軽い男子や、パウダー好きな女子のボードとしてお勧めです。
INDEPENDENTSTICKやPOOLDECKは、BOWLや壁などで威力を発揮し、ライダーのポテンシャルを高め、テクニックの引き出しを増やしてくれます。「デキル」と思える信頼がINDYシリーズにはあるのです。
INDYシリーズのアウトラインは、他メーカーでも類似したデザインが多く採用されています。
これは、MANTARAY、INDYのようなスクエアノーズ(角を持たせたデザイン)の特化した滑り心地があるからに他なりません。これらツインチップ+ショートキャンバーのデザインも私たちは既に8年の経験があるのです。

GENTEMSTICKのデザインに類似したボードが各メーカーから多く発表されているのは、私たちの個性的でありしかも理に適ったアイデアが、世に認められていることの証となることと、誇りに思えることです。
ただ、いえることはボトムラインとアウトラインのバランスである3次元曲線がとても重要です。アウトラインが似ているだけでは、乗り心地はもちろん、性能は全く違ってしまいます。ロッカーボードやフラットキャンバー、アクセルキャンバーのデザインが世界に正しく伝わる事が重要と考えています。


ユーザーの皆様、関係者の皆様にに支えられ、おかげさまでGENTEMSTICKは12シーズン目を迎えることができました。
様々な乗り心地のSTICKを取り揃え、乗り手にあった1本が必ず見つかると自信をもってお勧めしています。

GENTEMSTICKに乗ることで、もっともっと、スノーボードを楽しんでもらえること。
ユーザーの皆さんが最高の冬を過ごしてもらえること。
そしてスノーボーディング、スノーサーフィンへの深い理解に繋がっていく事。
それが、玉井太朗の願いであり、私たちの喜びであり、「ものづくり」のモチベーションになっているのです。
これからも、みなさんのスノーボードライフに大きな影響を与えるスノーボードメーカーであり、「GENTEMSTICKに出会えてよかった。」と感じていただけるような「ものづくり」をしていきたいと思っております。

最後に、試乗会にご参加の皆様、関係者、スタッフ、ライダー、ボランティアでお手伝いいただいた皆様、本当に本当にありがとうございました!!!!
また来シーズン、各地試乗会やニセコでお会いできるのを楽しみにしております。


chiba

| REPORT | comments(0) | posted by GENTEMSTICK |
comment




selected entries
categories
archives
bookmarks
profile
recent comments
QR code
qrcode
Amazon
patagonia
パタゴニア